黒ずんだ乳首に美白化粧水は効果あるの?

美白化粧水の役割とはメラニン色素ができる前に予防するということです。そのため既に
できて肌の奥に沈着しているような黒ずみはこれではケアできません。表面にあるシミや
ニキビ跡を薄くする効果はありますが、黒ずんだ乳首をケアするような力はないということ
です。肌に紫外線が当たると肌を守るためにメラノサイトにメラニンを作る命令を出します。
この命令が届く前にブロックする成分はカモミラET、トラネキサム酸などがあります。
しかし命令が届いてしまうとチロシンというアミノ酸を生成してチロシナーゼ酵素が取り
込んでメラニン色素ができてしまい、これがシミや黒ずみとなります。多くの美白化粧水
はこのチロシナーゼを阻害する成分が含まれています。

 

医薬部外品に含まれている美白成分について
ビタミンC誘導体
ビタミンCを吸収しやすいように変化させたものです。美白のみならず肌にハリを与える
働きもあります。アンチエイジング効果、ニキビ予防に最適です。
アルブチン
コケモモ、梨などから抽出した成分です。チロシナーゼに作用しますが、肌に刺激を与える
こともあるので濃度には注意しましょう。
コウジ酸
味噌、日本酒、醤油などに含まれる麹がメラニン生成を抑えて抗酸化作用、消炎作用もあり。
エラグ酸
野菜、果物に含まれている天然フェノール系物質。アンチエイジング効果、肌の透明感を
出す効果があります。
リノール酸
近年話題の不飽和脂肪酸の一種でアンチエイジング効果に加えてチロシナーゼ減少効果あり。
カモミラET
カミツレの葉から抽出した成分。ハーブでいうカモミールと同じものです。肌の透明感を

出してニキビ予防にも効果を発揮します。
油溶性甘草エキス(グラブリジン)
甘草から抽出した成分で別名甘草フラボノイドとも呼ばれます。肌の透明感を出します。その
美白効果はコウジ酸、アルブチンを超え、その上で肌への負担が少ないとされています。

 

これらの成分はあくまでも予防するためのもの。これにプラスしてピーリング効果のあるもの
を使用しなければ黒ずみは排出できません。普段からなるべくシミを作らないように食生活
にも気を配らないといけないでしょう。そのため美白化粧水だけでは不十分というのが正しい
答えです。黒ずみ専用のクリームと併用することで効果を高めることは可能です。